組織の中で溺れていく

  • 2019.04.24 Wednesday
  • 19:45

久しぶりに投稿

 

テーマは、組織の中に埋もれて見て分かったこと。また、組織から抜けてみて分かったこと。

この辺りを深掘りしていきたいと思います。

 

今日は、その組織の中での学びを掘り下げていきたいと思います。

良くも悪くも、組織にはいろいろな価値観が入り混ざり、仕事をしていきます。

でも、それゆえに、波長の合う人、合わない人が出てくるのが、世の常というモノ。

 

私もその中で、もがき、苦しみ、また、多くの喜びも組織の皆と共有してきたのかなと感じます。

今年に入って、新しい会社を立ち上げることになったのですが、これもまた、組織として立ち上げを

しています。それゆえに、また、波長の合う人、合わない人が出てくるのが、今後、浮かび上がってくると思っています。

でも、それは、当たり前の話しで、それでも組織を選ぶことの大切さを感じています。

 

よくある、一人でこなせることの限界。マンパワーで稼げる額の限界。そーいった意味ではなく、

組織だから、学べることが沢山あるといった、大切にしたいことがあります。

 

それは、能力や資質が違う者同士の間に生まれる軋轢です。

 

大きく大別すると、組織には4つの力が必要になると感じます。

 

 〔ね茲鮓ている先導者

◆_甬遒鯤析するデザイナー

 今を実行する実務家

ぁ〇饉舛琉磴い鯔笋瓩襯丱薀鵐機

 

この4つの資質を上手に、協力し合えると仕事が面白くなると思っています。

では、これら4つの力の源泉を考えてみます。

 

 〔ね茲鮓ている先導者

  表のエネルギー源は、より豊かな未来を夢見る想像力だと思います。

  そして、裏のエネルギーは、競争原理だと感じます。負けたくないとか、もっと良くなりたい。などですね。

  すこしエゴに近いエネルギーで、名誉や名声、地位などによく似ているかもしれないです。

 

◆_甬遒鯤析するデザイナー

  表のエネルギー源は、飽くことなき好奇心で原理原則を探求し、世に伝搬させる力だと思います。

  そして裏のエネルギーは、自分への不足感からくる異常なまでの執着心だと思います。もっと勉強しなきゃとか

  自分はまだまだ。すこし自縛的なエネルギーで、貧しさ、貪欲さ、ある意味、視野が狭く盲目な感じだと思います。

 

 今を実行する実務家

  表のエネルギーは、広く遠くまで把握し、他者へ配慮、根回しが出来る、公平でかつ暖かなエネルギーだと思います。

  そして裏のエネルギーは、効率性や、規則、常識という盾に隠れることで、相手を支配する、支配したい欲求。

  もしくは、自分に火の粉が飛ばないように排除する力だと感じます。

 

ぁ〇饉舛琉磴い鯔笋瓩襯丱薀鵐機

  表のエネルギーは、相手の思いや立場を瞬時に理解し、わかっってあげれる共感力です。

  そして裏のエネルギーは、情報が処理できない混乱からくる、不安感、またバランスを崩す事への恐怖心で

  なにをしてでも安心を得ようとする力だと感じます。

 

大別して、この4つですが、重複することや、無理をして役割を兼任することもあります。

ここでは、役割の兼任時の深掘りは避けて、資質の違う者ゆえの軋轢に縛ります。

 

 

具体的には、僕は◆_甬遒鯤析するデザイナーですが、よく、,筺↓もこなします。

い魃藹个垢襪海箸呂△泙蠅△蠅泙擦鵝

 

で、面白いのは、ココからで、基本的に裏のエネルギーが出ているときは、物事がうまくいきにくいです。

進んだと思っても、戻ってしまうことが多い気がします。

 

また、裏のエネルギーが出ているときの空気感は、とても厳しいです。(笑)

本人は、あまり気がついていないでしょうけど、とても厳しい空気を醸し出しています。

 

また、波長が会いにくい組合せもあります。

基本的にい離丱薀鵐機爾蓮誰とでもうまくいきやすいですが、△硫甬遒鯤析するデザイナーとは距離が遠いと思います。

 

また、,量ね茲鮓ている先導者との今を実行する実務家は相性が悪いです。

 

また、△硫甬遒鯤析するデザイナーは、の今を実行する実務家によく間違われます。

 

なぜか?

それは、△硫甬遒鯤析するデザイナーの価値観は、原理原則や、法則です。

でも、の今を実行する実務家の価値観は、効率性、規則です。

 

似ているけど違う価値観です。

 

原理原則は、混沌が大好きです。たくさんの情報が大好きです。その中から、法則性やパターンを探るのが好きだからです。

でも、効率性と規則は、逆です。一定の要件の中で熟練化させてることが好きだからです。

 

つまり、全く逆の方向を向いているのが面白いところです。

 

僕もよく、実務家タイプとはぶつかりました。

でも、この瞬間こそ、じつは、僕にとっても、相手にとっても、学びの場所が最大化される瞬間だといつも思います。

それは、自分以外の価値観を知る機会だからです。

 

自分とは違う資質だから、つい相手を責めてしまいますが、冷静になると、資質が違い、価値観が違うのだから

自分とは、同じ行動を取るわけがないのです。でも、だからこそ、本当は、歩みよって手をとり、チームワークに

変えていけたら強い組織になると思っています。

 

一気には難しいので、僕が、よく実践しているのが、資質の違う人の、意見こそ聞くようにしています。

もしくは、い離丱薀鵐機爾鯆未犬董▲丱薀鵐垢鮗茲辰討發蕕Δ茲Δ砲發靴泙后

 

 

本当は、手を取り合って皆で仕事ができたら一番楽しいし、そんな未来に希望を感じます。

一歩でも近づけたら良いなといつも思っています。

 

その未来に近づく力を勇気というのだと思います。

 

 

【勇気】のことなら、ひなた塾メールマガジン《勇気の種まき365》あります。

是非、登録して下さいね(笑)

宣伝につなげてみました(笑)

http://www.hinata-academy.com/

 

勇気の種まき365
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 受信端末
※登録時は以下のメールマガジンにも代理登録されます。
  • タイトル:ひなた塾広報@勇気の種まき / 発行者:勇気を育てる学校《ひなた塾》
 
      

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

解析

タグ

selected entries

categories

archives

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM